2019年 業績

原著論文

Records - of

ID

Authors

Title

Journal

Volume

Isuue

Pages

Year

PubMed ID

All Data

1 Yamamoto, H., Yamanashi, Y., Takada, T., Mu, S., Tanaka, Y., Komine, T., Suzuki, H. Hepatic Expression of Niemann-Pick C1-Like 1, a Cholesterol Reabsorber from Bile, Exacerbates Western Diet-Induced Atherosclerosis in LDL Receptor Mutant Mice. Mol Pharmacol 96 1 47-55 2019 PMID: 31064810 Yamamoto, H., Yamanashi, Y., Takada, T., Mu, S., Tanaka, Y., Komine, T., Suzuki, H.: Hepatic Expression of Niemann-Pick C1-Like 1, a Cholesterol Reabsorber from Bile, Exacerbates Western Diet-Induced Atherosclerosis in LDL Receptor Mutant Mice. Mol Pharmacol 96 1 47-55 ( 2019) PMID: 31064810
2 Uchida, S., Asai, Y., Kariya, Y., Tsumoto, K., Hibino, H., Honma, M., Abe, T., Nin, F., Kurata, Y., Furutani, K., Suzuki, H., Kitano, H., Inoue, R., Kurachi, Y. Integrative and theoretical research on the architecture of a biological system and its disorder. J Physiol Sci 2019 PMID: 30868372 Uchida, S., Asai, Y., Kariya, Y., Tsumoto, K., Hibino, H., Honma, M., Abe, T., Nin, F., Kurata, Y., Furutani, K., Suzuki, H., Kitano, H., Inoue, R., Kurachi, Y.: Integrative and theoretical research on the architecture of a biological system and its disorder. J Physiol Sci ( 2019) PMID: 30868372
3 Toyoda, Y., Takada, T., Umezawa, M., Tomura, F., Yamanashi, Y., Takeda, K., Suzuki, H. Identification of hepatic NPC1L1 as an NAFLD risk factor evidenced by ezetimibe-mediated steatosis prevention and recovery. FASEB BioAdvances 1 283-295 2019 PMID: Toyoda, Y., Takada, T., Umezawa, M., Tomura, F., Yamanashi, Y., Takeda, K., Suzuki, H.: Identification of hepatic NPC1L1 as an NAFLD risk factor evidenced by ezetimibe-mediated steatosis prevention and recovery. FASEB BioAdvances 1 283-295 ( 2019) PMID:
4 Toyoda, Y., Pavelcova, K., Klein, M., Suzuki, H., Takada, T., Stiburkova, B. Familial early-onset hyperuricemia and gout associated with a newly identified dysfunctional variant in urate transporter ABCG2. Arthritis Res Ther 21 1 219 2019 PMID: 31661014 Toyoda, Y., Pavelcova, K., Klein, M., Suzuki, H., Takada, T., Stiburkova, B.: Familial early-onset hyperuricemia and gout associated with a newly identified dysfunctional variant in urate transporter ABCG2. Arthritis Res Ther 21 1 219 ( 2019) PMID: 31661014
5 Toyoda, Y., Mancikova, A., Krylov, V., Morimoto, K., Pavelcova, K., Bohata, J., Pavelka, K., Pavlikova, M., Suzuki, H., Matsuo, H., Takada, T., Stiburkova, B. Functional Characterization of Clinically-Relevant Rare Variants in ABCG2 Identified in a Gout and Hyperuricemia Cohort. Cells 8 4 363 2019 PMID: 31003562 Toyoda, Y., Mancikova, A., Krylov, V., Morimoto, K., Pavelcova, K., Bohata, J., Pavelka, K., Pavlikova, M., Suzuki, H., Matsuo, H., Takada, T., Stiburkova, B.: Functional Characterization of Clinically-Relevant Rare Variants in ABCG2 Identified in a Gout and Hyperuricemia Cohort. Cells 8 4 363 ( 2019) PMID: 31003562
6 Sone, E., Noshiro, D., Ikebuchi, Y., Nakagawa, M., Khan, M., Tamura, Y., Ikeda, M., Oki, M., Murali, R., Fujimori, T., Yoda, T., Honma, M., Suzuki, H., Ando, T., Aoki, K. The induction of RANKL molecule clustering could stimulate early osteoblast differentiation. Biochem Biophys Res Commun 509 2 435-440 2019 PMID: 30594398 Sone, E., Noshiro, D., Ikebuchi, Y., Nakagawa, M., Khan, M., Tamura, Y., Ikeda, M., Oki, M., Murali, R., Fujimori, T., Yoda, T., Honma, M., Suzuki, H., Ando, T., Aoki, K.: The induction of RANKL molecule clustering could stimulate early osteoblast differentiation. Biochem Biophys Res Commun 509 2 435-440 ( 2019) PMID: 30594398
7 Okamoto, K., Asano, S., Yamamoto, T., Toyono, T., Yamaguchi, R., Okada, Y., Okugawa, S., Suzuki, H., Moriya, K., Aihara, M. Poor penetration of cefcapene into aqueous humor after oral administration of cefcapene pivoxil to patients undergoing cataract surgery. J Infect Chemother 2019 PMID: 31481306 Okamoto, K., Asano, S., Yamamoto, T., Toyono, T., Yamaguchi, R., Okada, Y., Okugawa, S., Suzuki, H., Moriya, K., Aihara, M.: Poor penetration of cefcapene into aqueous humor after oral administration of cefcapene pivoxil to patients undergoing cataract surgery. J Infect Chemother ( 2019) PMID: 31481306
8 Manabe, Y., Ichihara, M., Fukuda, K., Tomonaga, N., Li, Z. S., Yamanashi, Y., Suzuki, H., Takada, T., Matsuo, M., Sugawara, T. Niemann-Pick C1-like 1 Promotes Intestinal Absorption of Siphonaxanthin. Lipids 2019 PMID: 31574565 Manabe, Y., Ichihara, M., Fukuda, K., Tomonaga, N., Li, Z. S., Yamanashi, Y., Suzuki, H., Takada, T., Matsuo, M., Sugawara, T.: Niemann-Pick C1-like 1 Promotes Intestinal Absorption of Siphonaxanthin. Lipids ( 2019) PMID: 31574565
9 Malhotra, P., Soni, V., Yamanashi, Y., Takada, T., Suzuki, H., Gill, R. K., Saksena, S., Dudeja, P. K., Alrefai, W. A. Mechanisms of Niemann Pick type C1 Like 1 Protein Degradation in Intestinal Epithelial Cells. Am J Physiol Cell Physiol 2019 PMID: 30789754 Malhotra, P., Soni, V., Yamanashi, Y., Takada, T., Suzuki, H., Gill, R. K., Saksena, S., Dudeja, P. K., Alrefai, W. A.: Mechanisms of Niemann Pick type C1 Like 1 Protein Degradation in Intestinal Epithelial Cells. Am J Physiol Cell Physiol ( 2019) PMID: 30789754
10 Kawamura, Y., Nakaoka, H., Nakayama, A., Okada, Y., Yamamoto, K., Higashino, T., Sakiyama, M., Shimizu, T., Ooyama, H., Ooyama, K., Nagase, M., Hidaka, Y., Shirahama, Y., Hosomichi, K., Nishida, Y., Shimoshikiryo, I., Hishida, A., Katsuura-Kamano, S., Shimizu, S., Kawaguchi, M., Uemura, H., Ibusuki, R., Hara, M., Naito, M., Takao, M., Nakajima, M., Iwasawa, S., Nakashima, H., Ohnaka, K., Nakamura, T., Stiburkova, B., Merriman, T. R., Nakatochi, M., Ichihara, S., Yokota, M., Takada, T., Saitoh, T., Kamatani, Y., Takahashi, A., Arisawa, K., Takezaki, T., Tanaka, K., Wakai, K., Kubo, M., Hosoya, T., Ichida, K., Inoue, I., Shinomiya, N., Matsuo, H. Genome-wide association study revealed novel loci which aggravate asymptomatic hyperuricaemia into gout. Ann Rheum Dis 78 10 1430-1437 2019 PMID: 31289104 Kawamura, Y., Nakaoka, H., Nakayama, A., Okada, Y., Yamamoto, K., Higashino, T., Sakiyama, M., Shimizu, T., Ooyama, H., Ooyama, K., Nagase, M., Hidaka, Y., Shirahama, Y., Hosomichi, K., Nishida, Y., Shimoshikiryo, I., Hishida, A., Katsuura-Kamano, S., Shimizu, S., Kawaguchi, M., Uemura, H., Ibusuki, R., Hara, M., Naito, M., Takao, M., Nakajima, M., Iwasawa, S., Nakashima, H., Ohnaka, K., Nakamura, T., Stiburkova, B., Merriman, T. R., Nakatochi, M., Ichihara, S., Yokota, M., Takada, T., Saitoh, T., Kamatani, Y., Takahashi, A., Arisawa, K., Takezaki, T., Tanaka, K., Wakai, K., Kubo, M., Hosoya, T., Ichida, K., Inoue, I., Shinomiya, N., Matsuo, H.: Genome-wide association study revealed novel loci which aggravate asymptomatic hyperuricaemia into gout. Ann Rheum Dis 78 10 1430-1437 ( 2019) PMID: 31289104
11 Ito, S. M., Yamanashi, Y., Takada, T., Suzuki, H. Clinical Importance of Drug-Drug Interaction Between Warfarin and Prednisolone and Its Potential Mechanism in Relation to the Niemann-Pick C1-Like 1-Mediated Pathway. Circ J 83 2 471-480 2019 PMID: 30568065 Ito, S. M., Yamanashi, Y., Takada, T., Suzuki, H.: Clinical Importance of Drug-Drug Interaction Between Warfarin and Prednisolone and Its Potential Mechanism in Relation to the Niemann-Pick C1-Like 1-Mediated Pathway. Circ J 83 2 471-480 ( 2019) PMID: 30568065
12 Ishida, T., Tokuda, K., Hisaka, A., Honma, M., Kijima, S., Takatoku, H., Iwatsubo, T., Moritoyo, T., Suzuki, H., Alzheimer's Disease Neuroimaging, I. A Novel Method to Estimate Long-Term Chronological Changes From Fragmented Observations in Disease Progression. Clin Pharmacol Ther 105 2 436-447 2019 PMID: 29951994 Ishida, T., Tokuda, K., Hisaka, A., Honma, M., Kijima, S., Takatoku, H., Iwatsubo, T., Moritoyo, T., Suzuki, H., Alzheimer's Disease Neuroimaging, I.: A Novel Method to Estimate Long-Term Chronological Changes From Fragmented Observations in Disease Progression. Clin Pharmacol Ther 105 2 436-447 ( 2019) PMID: 29951994
13 Hamada, S., Ohno, Y., Kojima, T., Ishii, S., Okochi, J., Akishita, M. Prevalence of cytochrome P450-mediated potential drug-drug interactions in residents of intermediate care facilities for older adults in Japan. Geriatr Gerontol Int 2019 PMID: 30912281 Hamada, S., Ohno, Y., Kojima, T., Ishii, S., Okochi, J., Akishita, M.: Prevalence of cytochrome P450-mediated potential drug-drug interactions in residents of intermediate care facilities for older adults in Japan. Geriatr Gerontol Int ( 2019) PMID: 30912281
Entries Per Page
Page of

総説・著書

Records - of

ID

Authors

Title/chapter title

Journal

Editorial superviser

Editor

Book name

Volume

Isuue

Pages

Publisher

City

Year

All Data

1 高田龍平 ビタミンEおよびKの消化管吸収機構に関する研究. ビタミン 93 1 10-15 2019 高田龍平: ビタミンEおよびKの消化管吸収機構に関する研究. ビタミン 93 1 10-15 ( 2019 )
2 高田龍平 【スタチンを使いこなす!18のクリニカル・パールズ】一歩進んで理解するスタチンの基礎 スタチンの水溶性と脂溶性の違いは臨床的にどんな意味があるのでしょうか? Modern Physician 39 2 152-154 2019 高田龍平: 【スタチンを使いこなす!18のクリニカル・パールズ】一歩進んで理解するスタチンの基礎 スタチンの水溶性と脂溶性の違いは臨床的にどんな意味があるのでしょうか? Modern Physician 39 2 152-154 ( 2019 )
3 高田龍平 【トランスポーターのすべて】薬剤応答性とトランスポーター コレステロール吸収輸送体NPC1L1と病態・薬物治療. 医学のあゆみ 271 1 128-135 2019 高田龍平: 【トランスポーターのすべて】薬剤応答性とトランスポーター コレステロール吸収輸送体NPC1L1と病態・薬物治療. 医学のあゆみ 271 1 128-135 ( 2019 )
4 高田龍平 【脂質異常症治療の最前線を追え!】脂質異常症の治療薬とその薬理作用. 調剤と情報 25 8 1156-1161 2019 高田龍平: 【脂質異常症治療の最前線を追え!】脂質異常症の治療薬とその薬理作用. 調剤と情報 25 8 1156-1161 ( 2019 )
5 長井日生, 阿部敏秀, 雨宮貴洋, 鈴木洋史 ドラッグコンサルテーション GLP-1受容体作動薬. スズケンメディカル 22 4 11-12 2019 長井日生, 阿部敏秀, 雨宮貴洋, 鈴木洋史: ドラッグコンサルテーション GLP-1受容体作動薬. スズケンメディカル 22 4 11-12 ( 2019 )
6 辻本雅之, 山本武人, 山本和宏, 川添和義 日本腎臓病薬物療法学会誌に投稿してみよう! 研究デザインから査読まで. 日本腎臓病薬物療法学会誌 8 1 11-16 2019 辻本雅之, 山本武人, 山本和宏, 川添和義: 日本腎臓病薬物療法学会誌に投稿してみよう! 研究デザインから査読まで. 日本腎臓病薬物療法学会誌 8 1 11-16 ( 2019 )
7 豊田優, 高田龍平 【メタボローム解析UPDATE】疾患とメタボローム解析 メタボロミクスを活用した職業性胆管がんの研究 トランスポーターに着目した生体外異物の体内動態制御の視点から. 医学のあゆみ 270 5 485-490 2019 豊田優, 高田龍平: 【メタボローム解析UPDATE】疾患とメタボローム解析 メタボロミクスを活用した職業性胆管がんの研究 トランスポーターに着目した生体外異物の体内動態制御の視点から. 医学のあゆみ 270 5 485-490 ( 2019 )
8 西川由樹子, 雨宮貴洋, 阿部敏秀, 鈴木洋史 ドラッグコンサルテーション イルベサルタン. スズケンメディカル 22 5 11-12 2019 西川由樹子, 雨宮貴洋, 阿部敏秀, 鈴木洋史: ドラッグコンサルテーション イルベサルタン. スズケンメディカル 22 5 11-12 ( 2019 )
9 荻上尚樹, 小久江伸介, 大野能之, 鈴木洋史 Let’s! 服薬コミュニケーション デュラグルチド. スズケンファーマ 22 4 2-5 2019 荻上尚樹, 小久江伸介, 大野能之, 鈴木洋史: Let’s! 服薬コミュニケーション デュラグルチド. スズケンファーマ 22 4 2-5 ( 2019 )
10 荻上尚樹 【高齢者透析の現況と対策】血液透析 高齢透析患者における薬物の動態と適正使用. 腎と透析 86 6 749-753 2019 荻上尚樹: 【高齢者透析の現況と対策】血液透析 高齢透析患者における薬物の動態と適正使用. 腎と透析 86 6 749-753 ( 2019 )
11 羽田敬宏, 雨宮貴洋, 阿部敏秀, 鈴木洋史 ドラッグコンサルテーション エソメプラゾール. スズケンメディカル 22 3 11-12 2019 羽田敬宏, 雨宮貴洋, 阿部敏秀, 鈴木洋史: ドラッグコンサルテーション エソメプラゾール. スズケンメディカル 22 3 11-12 ( 2019 )
12 篠原利典, 小久江伸介, 大野能之, 鈴木洋史 Let’s! 服薬コミュニケーション イルベタン. スズケンファーマ 22 5 2-5 2019 篠原利典, 小久江伸介, 大野能之, 鈴木洋史: Let’s! 服薬コミュニケーション イルベタン. スズケンファーマ 22 5 2-5 ( 2019 )
13 白根達彦, 大野能之 【脳梗塞 最新の薬物治療戦略と実践ポイント総まとめ】徹底解説!脳梗塞への抗血栓療法Q&A 抗血栓薬で注意すべき薬物相互作用は何か? 薬局 70 3 433-441 2019 白根達彦, 大野能之: 【脳梗塞 最新の薬物治療戦略と実践ポイント総まとめ】徹底解説!脳梗塞への抗血栓療法Q&A 抗血栓薬で注意すべき薬物相互作用は何か? 薬局 70 3 433-441 ( 2019 )
14 白根達彦 3stepで考える! それって本当に副作用ですか? この「ショック」はボリコナゾールによるものですか? 薬事 61 4 704-717 2019 白根達彦: 3stepで考える! それって本当に副作用ですか? この「ショック」はボリコナゾールによるものですか? 薬事 61 4 704-717 ( 2019 )
15 田畑泰江, 小久江伸介, 大野能之, 鈴木洋史 Let’s! 服薬コミュニケーション アピキサバン. スズケンファーマ 22 6 2-5 2019 田畑泰江, 小久江伸介, 大野能之, 鈴木洋史: Let’s! 服薬コミュニケーション アピキサバン. スズケンファーマ 22 6 2-5 ( 2019 )
16 田中雄大, 阿部敏秀, 雨宮貴洋, 鈴木洋史 ドラッグコンサルテーション アメナメビル. スズケンメディカル 22 2 11-12 2019 田中雄大, 阿部敏秀, 雨宮貴洋, 鈴木洋史: ドラッグコンサルテーション アメナメビル. スズケンメディカル 22 2 11-12 ( 2019 )
17 田中雄大, 小久江伸介, 大野能之, 鈴木洋史 Let’s! 服薬コミュニケーション アメナメビル. スズケンファーマ 22 2 2-5 2019 田中雄大, 小久江伸介, 大野能之, 鈴木洋史: Let’s! 服薬コミュニケーション アメナメビル. スズケンファーマ 22 2 2-5 ( 2019 )
18 沖畠雄司, 小久江伸介, 大野能之, 鈴木洋史 Let’s! 服薬コミュニケーション エソメプラゾール. スズケンファーマ 22 3 2-5 2019 沖畠雄司, 小久江伸介, 大野能之, 鈴木洋史: Let’s! 服薬コミュニケーション エソメプラゾール. スズケンファーマ 22 3 2-5 ( 2019 )
19 池淵祐樹, 本間雅, 鈴木洋史 骨形成・吸収におけるRANKリガンドシグナルの新たな役割. 血液内科 79 1 100-105 2019 池淵祐樹, 本間雅, 鈴木洋史: 骨形成・吸収におけるRANKリガンドシグナルの新たな役割. 血液内科 79 1 100-105 ( 2019 )
20 本間雅, 池淵祐樹, 鈴木洋史 【骨研究の最前線】RANKL逆シグナル経路を標的とした新たな創薬の可能性. BIO Clinica 34 8 773-777 2019 本間雅, 池淵祐樹, 鈴木洋史: 【骨研究の最前線】RANKL逆シグナル経路を標的とした新たな創薬の可能性. BIO Clinica 34 8 773-777 ( 2019 )
21 本間雅, 池淵祐樹, 鈴木洋史 【運動器を構成する骨・軟骨・関節・筋肉・靱帯・腱のトピック】骨リモデリングに関する最新のトピック カップリング・シグナル受容分子としてのRANKL. THE BONE 33 1 57-61 2019 本間雅, 池淵祐樹, 鈴木洋史: 【運動器を構成する骨・軟骨・関節・筋肉・靱帯・腱のトピック】骨リモデリングに関する最新のトピック カップリング・シグナル受容分子としてのRANKL. THE BONE 33 1 57-61 ( 2019 )
22 本間雅, 池淵祐樹, 鈴木洋史 骨リモデリングにおけるRANKLの役割. 生化学 91 4 529-532 2019 本間雅, 池淵祐樹, 鈴木洋史: 骨リモデリングにおけるRANKLの役割. 生化学 91 4 529-532 ( 2019 )
23 本間雅, 池淵祐樹, 鈴木洋史 骨吸収と骨形成のカップリングにおけるRANKL逆シグナルの関与. 臨床免疫・アレルギー科 71 6 608-614 2019 本間雅, 池淵祐樹, 鈴木洋史: 骨吸収と骨形成のカップリングにおけるRANKL逆シグナルの関与. 臨床免疫・アレルギー科 71 6 608-614 ( 2019 )
24 折山豊仁, 大野能之 【地域医療促進のための医師・薬剤師連携-顔の見える連携は可能か-】抗がん剤・分子標的薬の内服薬処方患者における医師・薬剤師連携. Progress in Medicine 39 7 711-714 2019 折山豊仁, 大野能之: 【地域医療促進のための医師・薬剤師連携-顔の見える連携は可能か-】抗がん剤・分子標的薬の内服薬処方患者における医師・薬剤師連携. Progress in Medicine 39 7 711-714 ( 2019 )
25 川崎真季, 阿部敏秀, 雨宮貴洋, 鈴木洋史 ドラッグコンサルテーション アピキサバン. スズケンメディカル 22 6 11-12 2019 川崎真季, 阿部敏秀, 雨宮貴洋, 鈴木洋史: ドラッグコンサルテーション アピキサバン. スズケンメディカル 22 6 11-12 ( 2019 )
26 山本武人 考え方がわかれば解き方がみえてくる クリニカル・クエスチョンの解決への筋道(第11回) テイコプラニンとピペラシリン/タゾバクタムを併用した場合の急性腎障害のリスクについて教えてください. 薬事 61 12 2197-2203 2019 山本武人: 考え方がわかれば解き方がみえてくる クリニカル・クエスチョンの解決への筋道(第11回) テイコプラニンとピペラシリン/タゾバクタムを併用した場合の急性腎障害のリスクについて教えてください. 薬事 61 12 2197-2203 ( 2019 )
27 山本武人 考え方がわかれば解き方がみえてくる クリニカル・クエスチョンの解決への筋道(第5回) 持続低効率血液透析(SLED)導入中の患者へのバンコマイシンの投与量について教えてください. 薬事 61 4 693-700 2019 山本武人: 考え方がわかれば解き方がみえてくる クリニカル・クエスチョンの解決への筋道(第5回) 持続低効率血液透析(SLED)導入中の患者へのバンコマイシンの投与量について教えてください. 薬事 61 4 693-700 ( 2019 )
28 山本武人 【AKI診療のエビデンスと課題】急性血液浄化療法における薬物動態と薬の使い方. 臨床透析 35 6 617-623 2019 山本武人: 【AKI診療のエビデンスと課題】急性血液浄化療法における薬物動態と薬の使い方. 臨床透析 35 6 617-623 ( 2019 )
29 大野能之 審査報告書から見る新薬の裏側(第29回) ローブレナ錠25mg、100mg(ロルラチニブ)(Part 2). 薬事 61 8 1492-1495 2019 大野能之: 審査報告書から見る新薬の裏側(第29回) ローブレナ錠25mg、100mg(ロルラチニブ)(Part 2). 薬事 61 8 1492-1495 ( 2019 )
30 大野能之 【モニタリングから介入まで 自信をもって対応できる薬物相互作用】HMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン)の薬物相互作用. 薬事 61 4 625-631 2019 大野能之: 【モニタリングから介入まで 自信をもって対応できる薬物相互作用】HMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン)の薬物相互作用. 薬事 61 4 625-631 ( 2019 )
31 Y. Toyoda, T. Takada, H. Suzuki Inhibitors of Human ABCG2: From Technical Background to Recent Updates With Clinical Implications. Front Pharmacol 10 208 2019 Y. Toyoda, T. Takada, H. Suzuki: Inhibitors of Human ABCG2: From Technical Background to Recent Updates With Clinical Implications. Front Pharmacol 10 208 ( 2019 )
32 高田龍平 食品成分と薬の相互作用 板倉弘重(編集), 近藤和雄(編集) 分子栄養学‐科学的根拠に基づく食理学‐ 229-234 東京化学同人 東京 2019 高田龍平: 食品成分と薬の相互作用 板倉弘重(編集), 近藤和雄(編集) 分子栄養学‐科学的根拠に基づく食理学‐ 229-234 東京化学同人 東京 2019
33 樋坂章博, 鈴木洋史 II章 腎障害時の薬物動態の変化 1. 薬物の腎排泄機構とクリアランスの変動 田中哲弘(編集), 南学正臣(編集) 腎機能低下時の薬剤ポケットマニュアル第4版 400-411 中外医学社 東京 2019 樋坂章博, 鈴木洋史: II章 腎障害時の薬物動態の変化 1. 薬物の腎排泄機構とクリアランスの変動 田中哲弘(編集), 南学正臣(編集) 腎機能低下時の薬剤ポケットマニュアル第4版 400-411 中外医学社 東京 2019
34 山本武人, 樋坂章博, 鈴木洋史 II章 腎障害時の薬物動態の変化 2. 血液透析、腹膜透析、持続血液濾過透析における薬物動態の変化 田中哲弘(編集), 南学正臣(編集) 腎機能低下時の薬剤ポケットマニュアル第4版 412-426 中外医学社 東京 2019 山本武人, 樋坂章博, 鈴木洋史: II章 腎障害時の薬物動態の変化 2. 血液透析、腹膜透析、持続血液濾過透析における薬物動態の変化 田中哲弘(編集), 南学正臣(編集) 腎機能低下時の薬剤ポケットマニュアル第4版 412-426 中外医学社 東京 2019
35 山本武人 第15章 血液透析から持続血液濾過透析に移行した患者へのバンコマイシンの投与設計 平田純生(監修), 日本腎臓病薬物療法学会学術委員会(編集) 領域別アドバンスト薬剤師シリーズ4 腎臓病薬物療法トレーニングブック第2版 190-200 じほう 東京 2019 山本武人: 第15章 血液透析から持続血液濾過透析に移行した患者へのバンコマイシンの投与設計 平田純生(監修), 日本腎臓病薬物療法学会学術委員会(編集) 領域別アドバンスト薬剤師シリーズ4 腎臓病薬物療法トレーニングブック第2版 190-200 じほう 東京 2019
36 山口諒 PK/PDパラメーターと感受性検査の概説 高久史麿(監修), 黒川清(編集), 春日雅人(編集), 北村聖(編集) 臨床検査データブック 2019-2020 516-517 医学書院 東京 2019 山口諒: PK/PDパラメーターと感受性検査の概説 高久史麿(監修), 黒川清(編集), 春日雅人(編集), 北村聖(編集) 臨床検査データブック 2019-2020 516-517 医学書院 東京 2019
37 大野能之, 金平麻珠子, 鈴木洋史 II章 腎障害時の薬物動態の変化 4. 薬剤による腎障害 田中哲弘(編集), 南学正臣(編集) 腎機能低下時の薬剤ポケットマニュアル第4版 433-340 中外医学社 東京 2019 大野能之, 金平麻珠子, 鈴木洋史: II章 腎障害時の薬物動態の変化 4. 薬剤による腎障害 田中哲弘(編集), 南学正臣(編集) 腎機能低下時の薬剤ポケットマニュアル第4版 433-340 中外医学社 東京 2019
38 大野能之, 樋坂章博, 鈴木洋史 II章 腎障害時の薬物動態の変化 3. 腎機能低下時の薬物投与の調整法 田中哲弘(編集), 南学正臣(編集) 腎機能低下時の薬剤ポケットマニュアル第4版 427-432 中外医学社 東京 2019 大野能之, 樋坂章博, 鈴木洋史: II章 腎障害時の薬物動態の変化 3. 腎機能低下時の薬物投与の調整法 田中哲弘(編集), 南学正臣(編集) 腎機能低下時の薬剤ポケットマニュアル第4版 427-432 中外医学社 東京 2019
Entries Per Page
Page of

学会発表

Records - of

ID

Authors

Title

Meeting name

City

Date

Remarks

All Data

1 河村優輔, 松尾洋孝, 中山昌喜, 東野俊英, 清水徹, 大山博司, 大山恵子, 長瀬満夫, 清水聖子, 川口真, 高尾幹也, 高田龍平, 細谷龍男, 市田公美,四ノ宮成祥 無症候性高尿酸血症群と痛風症例群のゲノムワイド関連解析により痛風発症に関連する新規遺伝子座を同定した 第52回日本痛風・核酸代謝学会総会 東京 2019年2月14日〜15日 口頭発表 河村優輔, 松尾洋孝, 中山昌喜, 東野俊英, 清水徹, 大山博司, 大山恵子, 長瀬満夫, 清水聖子, 川口真, 高尾幹也, 高田龍平, 細谷龍男, 市田公美,四ノ宮成祥: 無症候性高尿酸血症群と痛風症例群のゲノムワイド関連解析により痛風発症に関連する新規遺伝子座を同定した 第52回日本痛風・核酸代謝学会総会, 東京: 2019年2月14日〜15日 口頭発表
2 増本翔, 大橋勇紀, 柴田茂, 高田龍平, 松尾洋孝, 内田俊也,市田公美 CKD患者の腎機能低下に及ぼす尿酸トランスポーターABCGの保護的役割の解明(第2報) 第52回日本痛風・核酸代謝学会総会 東京 2019年2月14日〜15日 口頭発表 増本翔, 大橋勇紀, 柴田茂, 高田龍平, 松尾洋孝, 内田俊也,市田公美: CKD患者の腎機能低下に及ぼす尿酸トランスポーターABCGの保護的役割の解明(第2報) 第52回日本痛風・核酸代謝学会総会, 東京: 2019年2月14日〜15日 口頭発表
3 高田龍平, 山梨義英, 伊藤(松岡)紗代,鈴木洋史 ビタミンの体内動態変動を考慮した薬物治療について 第92回日本薬理学会年会 大阪 2019年3月14日〜16日 シンポジウム講演 高田龍平, 山梨義英, 伊藤(松岡)紗代,鈴木洋史: ビタミンの体内動態変動を考慮した薬物治療について 第92回日本薬理学会年会, 大阪: 2019年3月14日〜16日 シンポジウム講演
4 山梨義英 脂溶性物質の体内動態制御機構の解明とその理解に基づくトランスレーショナルリサーチ 日本薬学会第139年会 千葉 2019年3月20日?23日 奨励賞受賞講演(発表時間 30分) 山梨義英: 脂溶性物質の体内動態制御機構の解明とその理解に基づくトランスレーショナルリサーチ 日本薬学会第139年会, 千葉: 2019年3月20日?23日 奨励賞受賞講演(発表時間 30分)
5 高田龍平, 豊田優, 松尾洋孝, 市田公美,鈴木洋史 微粒子形成の予防〜尿酸動態制御と薬物治療について〜 日本薬学会第139年会 千葉 2019年3月20日〜23日 シンポジウム講演 高田龍平, 豊田優, 松尾洋孝, 市田公美,鈴木洋史: 微粒子形成の予防〜尿酸動態制御と薬物治療について〜 日本薬学会第139年会, 千葉: 2019年3月20日〜23日 シンポジウム講演
6 本間雅 RANKL逆シグナルによる骨吸収と骨形成の共役 第56回日本臨床分子医学会学術集会 名古屋 2019年4月26日?27日 シンポジウム講演 本間雅: RANKL逆シグナルによる骨吸収と骨形成の共役 第56回日本臨床分子医学会学術集会, 名古屋: 2019年4月26日?27日 シンポジウム講演
7 Honma M., Kurata R., Ikebuchi Y., Kariya Y.,Suzuki H. Develoment of a novel biologic agent for treating RA ECTS 2019 Budapest, Hungary 2019年5月11日?14日 ポスター発表 Honma M., Kurata R., Ikebuchi Y., Kariya Y.,Suzuki H.: Develoment of a novel biologic agent for treating RA ECTS 2019, Budapest, Hungary: 2019年5月11日?14日 ポスター発表
8 榎本泰大, 近藤泰嗣, 豊田優, 鈴木洋史, 高田龍平,薩秀夫 フラボノイドによる腸管上皮尿酸トランスポーターABCG2制御の解析 第73回日本栄養・食糧学会大会 静岡 2019年5月17日〜5月19日 榎本泰大, 近藤泰嗣, 豊田優, 鈴木洋史, 高田龍平,薩秀夫: フラボノイドによる腸管上皮尿酸トランスポーターABCG2制御の解析 第73回日本栄養・食糧学会大会, 静岡: 2019年5月17日〜5月19日
9 豊田優, 高田龍平, 戸村文弥, 山梨義英,鈴木洋史 高脂肪食を摂取した、ヒトNPC1L1肝特異的発現マウスの解析に関する研究 第73回日本栄養・食糧学会大会 静岡 2019年5月17日〜5月19日 豊田優, 高田龍平, 戸村文弥, 山梨義英,鈴木洋史: 高脂肪食を摂取した、ヒトNPC1L1肝特異的発現マウスの解析に関する研究 第73回日本栄養・食糧学会大会, 静岡: 2019年5月17日〜5月19日
10 山本武人 医薬品添付文書から読み解く薬物動態情報 〜サルコペニア・フレイルに対する投与設計への応用〜 第13回日本緩和医療薬学会年会 幕張 2019年5月31日〜6月2日 シンポジウム 山本武人: 医薬品添付文書から読み解く薬物動態情報 〜サルコペニア・フレイルに対する投与設計への応用〜 第13回日本緩和医療薬学会年会, 幕張: 2019年5月31日〜6月2日 シンポジウム
11 Takada T., Morimoto K., Yamamoto T., Toyoda Y., Matsuo H., Ichida K.,Suzuki H. Urate transporter ABCG2 is a physiological exporter of uremic toxin indoxyl sulfate and a crucial factor influencing CKD progression The 18th Symposium on Purine and Pyrimidine Metabolism in Man Lyon, France 2019年6月12日〜14日 Takada T., Morimoto K., Yamamoto T., Toyoda Y., Matsuo H., Ichida K.,Suzuki H.: Urate transporter ABCG2 is a physiological exporter of uremic toxin indoxyl sulfate and a crucial factor influencing CKD progression The 18th Symposium on Purine and Pyrimidine Metabolism in Man, Lyon, France: 2019年6月12日〜14日
12 Yamanashi Y., Takada T., Yamamoto H., Ogura M., Masuo Y., Harada-Shiba M.,Suzuki H. Involvement of LDL in regulating pharmacokinetic behavior of clinically used drugs ICBL 2019 Tokyo, Japan 2019年6月17日?21日 ポスター発表 Yamanashi Y., Takada T., Yamamoto H., Ogura M., Masuo Y., Harada-Shiba M.,Suzuki H.: Involvement of LDL in regulating pharmacokinetic behavior of clinically used drugs ICBL 2019, Tokyo, Japan: 2019年6月17日?21日 ポスター発表
13 Takada T., Toyoda Y., Umezawa M., Tomura F., Yamanashi Y., Takeda K.,Suzuki H. Hepatic NPC1L1, a cholesterol re-absorber from bile to the liver, is a novel NAFLD risk factor: analyses of genetically-engineered model mice and pharmacological approach. 60th International Conference on the Bioscience of Lipids Tokyo, Japan 2019年6月17日〜21日 Takada T., Toyoda Y., Umezawa M., Tomura F., Yamanashi Y., Takeda K.,Suzuki H.: Hepatic NPC1L1, a cholesterol re-absorber from bile to the liver, is a novel NAFLD risk factor: analyses of genetically-engineered model mice and pharmacological approach. 60th International Conference on the Bioscience of Lipids, Tokyo, Japan: 2019年6月17日〜21日
14 池淵祐樹 骨吸収と骨形成のカップリングにおけるRANKL逆シグナルの寄与 第5回日本骨免疫学会 石垣島 2019年6月25日?27日 シンポジウム講演 池淵祐樹: 骨吸収と骨形成のカップリングにおけるRANKL逆シグナルの寄与 第5回日本骨免疫学会, 石垣島: 2019年6月25日?27日 シンポジウム講演
15 豊田優, 高田龍平, 梅澤雅和, 戸村文弥, 山梨義英, 武田健,鈴木洋史 肝臓のNPC1L1は脂肪肝増悪因子である:新規NAFLDモデルとしてのヒトNPC1L1肝発現マウスの有用性 第46回日本毒性学会学術年会 徳島 2019年6月26日〜6月28日 口頭発表 4分+2分 豊田優, 高田龍平, 梅澤雅和, 戸村文弥, 山梨義英, 武田健,鈴木洋史: 肝臓のNPC1L1は脂肪肝増悪因子である:新規NAFLDモデルとしてのヒトNPC1L1肝発現マウスの有用性 第46回日本毒性学会学術年会, 徳島: 2019年6月26日〜6月28日 口頭発表 4分+2分
16 山本武人 PD、HD、CHDF導入時の薬物投与量 第64回日本透析医学会学術集会・総会 横浜 2019年6月28日〜30日 合同企画シンポジウム 山本武人: PD、HD、CHDF導入時の薬物投与量 第64回日本透析医学会学術集会・総会, 横浜: 2019年6月28日〜30日 合同企画シンポジウム
17 Kawamura Y., Nakaoka H., Nakayama A., Okada Y., Yamamoto K., Shimizu T., Ooyama H., Nagase M., Hidaka Y., Nakatochi M., Takada T., Wakai K., Kubo M., Ichida K., Shinomiya N.,Matsuo H. A genome-wide association study identified novel loci associated with the aggravation from asymptomatic hyperuricemia to gout. Asia-Pacific Gout Consortium 3rd Annual Meeting (APGC 2019) Tokyo, Japan 2019年7月5日〜8日 口頭発表 Kawamura Y., Nakaoka H., Nakayama A., Okada Y., Yamamoto K., Shimizu T., Ooyama H., Nagase M., Hidaka Y., Nakatochi M., Takada T., Wakai K., Kubo M., Ichida K., Shinomiya N.,Matsuo H.: A genome-wide association study identified novel loci associated with the aggravation from asymptomatic hyperuricemia to gout. Asia-Pacific Gout Consortium 3rd Annual Meeting (APGC 2019), Tokyo, Japan: 2019年7月5日〜8日 口頭発表
18 Nakajima M., Higashino T., Takada T., Nakaoka H., Toyoda Y., Nakashima H., Shimizu S., Maehara K., Kirihara M., Kawaguchi M., Sakiyama M., Nakayama A., Akashi A., Tanahashi Y., Kawamura Y., Wakai K., Ichida K., Ooyama H., Suzuki H., Inoue I., Shinomiya N.,Matsuo H. Multiple common and rare exonic variants of ABCG2 cause gout Asia-Pacific Gout Consortium 3rd Annual Meeting Tokyo, Japan 2019年7月5日〜8日 poster Nakajima M., Higashino T., Takada T., Nakaoka H., Toyoda Y., Nakashima H., Shimizu S., Maehara K., Kirihara M., Kawaguchi M., Sakiyama M., Nakayama A., Akashi A., Tanahashi Y., Kawamura Y., Wakai K., Ichida K., Ooyama H., Suzuki H., Inoue I., Shinomiya N.,Matsuo H.: Multiple common and rare exonic variants of ABCG2 cause gout Asia-Pacific Gout Consortium 3rd Annual Meeting, Tokyo, Japan: 2019年7月5日〜8日 poster
19 Takada T., Morimoto K., Yamamoto T., Toyoda Y., Matsuo H., Ichida K.,Suzuki H. ABCG2 transports urate and uremic toxin indoxyl sulfate and influences CKD progression Asia-Pacific Gout Consortium 3rd Annual Meeting Tokyo, Japan 2019年7月5日〜8日 Oral 15 min Takada T., Morimoto K., Yamamoto T., Toyoda Y., Matsuo H., Ichida K.,Suzuki H.: ABCG2 transports urate and uremic toxin indoxyl sulfate and influences CKD progression Asia-Pacific Gout Consortium 3rd Annual Meeting, Tokyo, Japan: 2019年7月5日〜8日 Oral 15 min
20 高田龍平, 山本英明, 山梨義英, 小倉正恒, 斯波真理子,鈴木洋史 LDLによる薬物動態制御 第51回日本動脈硬化学会総会・学術集会 京都 2019年7月11日〜12日 シンポジウム講演 高田龍平, 山本英明, 山梨義英, 小倉正恒, 斯波真理子,鈴木洋史: LDLによる薬物動態制御 第51回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 京都: 2019年7月11日〜12日 シンポジウム講演
21 豊田優, 高田龍平, Man??kov? A., 松尾洋孝, 市田公美, Stiburkova B.,鈴木洋史 痛風病因遺伝子ABCG2における新規レアバリアントの同定と機能解析 第32回日本動物細胞工学会2019年度大会 鹿児島 2019年7月18日〜7月19日 ポスター 豊田優, 高田龍平, Man??kov? A., 松尾洋孝, 市田公美, Stiburkova B.,鈴木洋史: 痛風病因遺伝子ABCG2における新規レアバリアントの同定と機能解析 第32回日本動物細胞工学会2019年度大会, 鹿児島: 2019年7月18日〜7月19日 ポスター
22 高田龍平, 山梨義英, 豊田優, 伊藤(松岡)紗代, 山本武人,鈴木洋史 コレステロール吸収トランスポーターと病態・薬物治療 第14回トランスポーター研究会年会 札幌 2019年7月20日〜7月21日 高田龍平, 山梨義英, 豊田優, 伊藤(松岡)紗代, 山本武人,鈴木洋史: コレステロール吸収トランスポーターと病態・薬物治療 第14回トランスポーター研究会年会, 札幌: 2019年7月20日〜7月21日
23 豊田優, 高田龍平, 梅澤雅和, 戸村文弥, 山梨義英, 武田健,鈴木洋史 肝臓の胆管側膜に発現するコレステロール輸送体:NPC1L1は脂肪肝増悪因子である 第14回トランスポーター研究会年会/JTRA2019 札幌 2019年7月20日〜7月21日 優秀発表賞 豊田優, 高田龍平, 梅澤雅和, 戸村文弥, 山梨義英, 武田健,鈴木洋史: 肝臓の胆管側膜に発現するコレステロール輸送体:NPC1L1は脂肪肝増悪因子である 第14回トランスポーター研究会年会/JTRA2019, 札幌: 2019年7月20日〜7月21日 優秀発表賞
24 高田龍平, 宮田大資, 豊田優, 山梨義英, 山本武人,鈴木洋史 尿酸排出トランスポーターABCG2に関する生理学的・薬理学的研究 生理研研究会『上皮膜・間質の機能連関と病態発現機構解明のためのストラテジー』 岡崎 2019年9月5日〜6日 シンポジウム講演 高田龍平, 宮田大資, 豊田優, 山梨義英, 山本武人,鈴木洋史: 尿酸排出トランスポーターABCG2に関する生理学的・薬理学的研究 生理研研究会『上皮膜・間質の機能連関と病態発現機構解明のためのストラテジー』, 岡崎: 2019年9月5日〜6日 シンポジウム講演
25 豊田優, 高田龍平, 梅澤雅和, 戸村文弥, 山梨義英, 武田健,鈴木洋史 肝臓に発現するコレステロール輸送体NPC1L1は新規脂肪肝増悪因子である 第92回日本生化学会大会 横浜 2019年9月18日〜9月20日 ポスター 豊田優, 高田龍平, 梅澤雅和, 戸村文弥, 山梨義英, 武田健,鈴木洋史: 肝臓に発現するコレステロール輸送体NPC1L1は新規脂肪肝増悪因子である 第92回日本生化学会大会, 横浜: 2019年9月18日〜9月20日 ポスター
26 豊田優, 高田龍平, 松尾洋孝, 市田公美, Stiburkova B.,鈴木洋史 痛風病因としての尿酸輸送体ABCG2における新規レアバリアントの同定と機能解析 第4回トランスポーター研究会関東部会 東京 2019年10月5日 ポスター 豊田優, 高田龍平, 松尾洋孝, 市田公美, Stiburkova B.,鈴木洋史: 痛風病因としての尿酸輸送体ABCG2における新規レアバリアントの同定と機能解析 第4回トランスポーター研究会関東部会, 東京: 2019年10月5日 ポスター
27 池淵祐樹 RANK-RANKLを介したカップリング制御機構と新たな創薬の可能性 第37回日本骨代謝学会学術集会 神戸 2019年10月12日?14日 シンポジウム講演 池淵祐樹: RANK-RANKLを介したカップリング制御機構と新たな創薬の可能性 第37回日本骨代謝学会学術集会, 神戸: 2019年10月12日?14日 シンポジウム講演
28 本間雅 RANKL逆シグナルの生理的役割 第37回日本骨代謝学会学術集会 神戸 2019年10月12日?14日 シンポジウム講演 本間雅: RANKL逆シグナルの生理的役割 第37回日本骨代謝学会学術集会, 神戸: 2019年10月12日?14日 シンポジウム講演
29 山本武人 急性血液浄化療法における薬物療法・抗菌薬 第30回日本急性血液浄化学会学術集会 浜松 2019年10月26日〜27日 ワークショップ 山本武人: 急性血液浄化療法における薬物療法・抗菌薬 第30回日本急性血液浄化学会学術集会, 浜松: 2019年10月26日〜27日 ワークショップ
30 小池尚弘, 奈良克彦, 山本武人, 高田龍平,鈴木洋史 高齢者胃癌患者を対象としたオキサリプラチン併用化学療法の忍容性を予測する因子の探索 第29回日本医療薬学会年会 福岡 2019年11月2日〜4日 ポスター発表 小池尚弘, 奈良克彦, 山本武人, 高田龍平,鈴木洋史: 高齢者胃癌患者を対象としたオキサリプラチン併用化学療法の忍容性を予測する因子の探索 第29回日本医療薬学会年会, 福岡: 2019年11月2日〜4日 ポスター発表
31 城山亮輔, 山口諒, 山本武人, 長瀬幸恵, 高田龍平,鈴木洋史 抗菌薬適正使用推進を目指した、抗がん剤による積極的治療を中止したがん終末期患者に対する抗菌薬の使用状況調査 第29回日本医療薬学会年会 福岡 2019年11月2日〜4日 ポスター発表 城山亮輔, 山口諒, 山本武人, 長瀬幸恵, 高田龍平,鈴木洋史: 抗菌薬適正使用推進を目指した、抗がん剤による積極的治療を中止したがん終末期患者に対する抗菌薬の使用状況調査 第29回日本医療薬学会年会, 福岡: 2019年11月2日〜4日 ポスター発表
32 Stiburkova B., Toyoda Y., Pavelcova K., Klein M., Takada T.,Suzuki H. Identification and characterization of a novel dysfunction variant p.I242T in ABCG2 transporter in a family with early-onset hyperuricemia and gout. 2019 ACR/ARHP Annual Meeting Atlanta, GA, USA 2019年11月8日〜11月13日 ポスター発表 Stiburkova B., Toyoda Y., Pavelcova K., Klein M., Takada T.,Suzuki H.: Identification and characterization of a novel dysfunction variant p.I242T in ABCG2 transporter in a family with early-onset hyperuricemia and gout. 2019 ACR/ARHP Annual Meeting, Atlanta, GA, USA: 2019年11月8日〜11月13日 ポスター発表
33 高田龍平, 豊田優, 山梨義英,鈴木洋史 新規脂肪肝増悪因子としての、肝臓のコレステロール輸送体NPC1L1の同定 第10回機能油脂懇話会(第21回CLA懇話会) 東京 2019年11月9日 口頭 高田龍平, 豊田優, 山梨義英,鈴木洋史: 新規脂肪肝増悪因子としての、肝臓のコレステロール輸送体NPC1L1の同定 第10回機能油脂懇話会(第21回CLA懇話会), 東京: 2019年11月9日 口頭
34 山本武人 研究を論文にする 論文執筆のお作法を身に付けよう 第13回日本腎臓病薬物療法学会学術集会・総会2019 熊本 2019年11月15日〜17日 学術誌編集委員会企画セミナー 山本武人: 研究を論文にする 論文執筆のお作法を身に付けよう 第13回日本腎臓病薬物療法学会学術集会・総会2019, 熊本: 2019年11月15日〜17日 学術誌編集委員会企画セミナー
35 山本武人 腎代替療法における抗感染症薬の薬物動態の考え方 第32回日本外科感染症学会総会学術集会 岐阜 2019年11月29日〜30日 シンポジウム 山本武人: 腎代替療法における抗感染症薬の薬物動態の考え方 第32回日本外科感染症学会総会学術集会, 岐阜: 2019年11月29日〜30日 シンポジウム
36 Enomoto Y., Kondo T., Toyoda Y., Suzuki H., Takada T., Nishina A.,Satsu H. Search and analysis of food components regulating uric acid transporter ABCG2 7th International Conference on Food Factors (ICoFF2019) Kobe, Japan 2019年12月1日〜5日 Poster Enomoto Y., Kondo T., Toyoda Y., Suzuki H., Takada T., Nishina A.,Satsu H.: Search and analysis of food components regulating uric acid transporter ABCG2 7th International Conference on Food Factors (ICoFF2019), Kobe, Japan: 2019年12月1日〜5日 Poster
Entries Per Page
Page of
pagetop